代表

Shinya Hiraoka

93年生まれ/立命館大学情報理工学部卒業。
2016年に株式会社美京都に入社。学生時代はITと教育を学びながら、中高数学科の教員免許を取得。
2014年にTABIPPO世界一周コンテストにて準優勝。教育を0から見つめ直すため、「世界中の学校で先生になる旅」をテーマに1年間かけて世界を一周。フィンランド、オーストラリアを中心に、世界20ヶ国40の学校を訪れ、計6ヶ月の教育実習を行った。現在は、セブ島で英語留学しながら小学校で教育実習ができる「Global Teacher Program」を運営。2019年2月よりGTPフィンランドも開催。

運営スタッフ

Takashi Kudo

CEBU運営 / ALOHA運営

79年生まれ/東京農業大学国際食料情報学部卒業。
学生時代「これからは中国の時代。格差が生まれる!」と直感し、沙漠緑化活動に取り組む。中国全土の環境問題地域を巡るスタディーツアーも主催。中国での活動をする中で、日本の従来の教育・学び方にも疑問を持ち始めた。そんな中「総合的な学習の時間」が教育課程に導入されることを知り、学びを変革したいという志のもと、教員を目指すことを決意。13年間の高校・中学校教員を経て、2015年に独立。現在は起業家教育のプログラムを運営、キャリアコンサルティング等、複数の仕事をこなしている。2児のパパ、土日はもっぱら家族でゴーキャンピング、ゴーバーベキュー。小学校1年生の娘に手を焼いている。当プログラムには2018年2月から運営スタッフとして関わっている。

Oto Akioka

CEBU運営 / デザイン

94年生まれ/東京学芸大学大学院教育学研究科卒業。
子ども向けワークショップの運営や大学生向けイベントの企画、学童保育の運営などを経て、小学校全科・中高美術の教員免許を取得。
学部卒業後は大学院に進学し、環境デザインの分野で地域デザインの研究を行なっている。海外へは、学部1年次に北欧教育に興味を持ったのをきっかけに、初の海外渡航で学部2年次に念願のフィンランド教育の視察へ。その1年後にはスウェーデンへ視察へ行き、海外の教育の魅力に引き込まれる。当プログラムへは2018年2月に参加。2018年8月の第4回から運営に携わっている。

Tomotaka Jige

FINLAND運営

95年生まれ/鹿児島大学教育学部卒業。
2019年より沖永良部でフリースクールの立ち上げに従事。
2017年3月から7月まで、人生の転機となったカンボジアの農村部でスクールインターンを行う。
その後、最先端を行くフィンランドの学校教育を様々な視点から体系的に学ぶため、フィンランドの学校現場で6ヶ月のインターンシップを経験。現地では教師として、日本語、日本文化の授業を行う。2018年より、教育に関心のある若者をフィンランドの学校現場に派遣するプログラムの企画・運営に携わり、これまでに38名の学生を派遣してきた。

Yosuke Aoyagi

ALOHA運営

80年生まれ/東京農業大学国際食料情報卒業。
ハワイを愛してやまず、何回ハワイに行ったのか数えるのをやめました。ワイキキ以外のオアフ島やハワイ島、そしてモロカイ島のことならおまかせを。2004年からアメリカのロサンゼルスに在住。有機農家従事→カフェの経営→留学のお手伝いをする会社経営11年。(こちらもチェックしてね→ロサンゼルス留学情報サイト)「楽しいことを第一に」をモットーにゆるーく人生を楽しんでいます。シンパパ、娘を溺愛してる。

運営団体

名称:特定非営利法人インターナショナルコミュニティ倶楽部
本部:〒604-8005 京都市中央区三条河原町東入ル恵比寿町439 早川ビル4F
設立:2012年10月1日
目的:国際交流支援 / 在留外国人、留学生の生活環境支援 / 進学サポート / 文化交流サポート

GTPを推薦しています

立命館大学 産業社会学部 名誉教授
立命館アジア太平洋大学 元副学長
林 堅太郎
京都大学大学院経済学研究科にて博士を取得。
イギリスのサセックス大学客員研究員、
立命館大学産業学部教授を歴任。
立命館大学では教職課程の授業も担当していた。
株式会社美京都 代表取締役
特定非営利法人インターナショナルコミュニティ倶楽部 副理事長
グローバルシェイパーズ京都HUB
中馬 一登
京都を中心に観光業や教育業に加え、地域おこしの事業などを展開。
小・中学生への起業家教育から大学でのキャリア講師まで、
幅広い教育事業を行っている。