電話によるお問い合わせ
075 - 254 - 0031

[ FAQ ]
よくあるご質問
Global Teacher Programについて
教育実習先はどんな場所ですか?
語学学校付近の小学校で行います。第一回プログラムでは、生徒数が600名近くの公立小学校で行いました。
教育実習では何ができますか?
初日は、授業の見学や生徒への自己紹介を行います。その後、語学学校の先生のサポートの元授業準備をして、実際に生徒たちに授業をしていただきます。
教育実習では何を教えられますか?
基本的には担任の先生と打ち合わせて、授業内容を決めます。 日本文化や日本語、あるいは算数などは比較的教えやすいためオススメの授業内容です。 過去の留学では、折り紙を教えたり自作の算数のゲームを教えたりしている学生がいました。
教育実習にサポートはありますか?
教育実習中は、語学学校の先生が留学生とペアとなって一人ずつサポートします。 また留学の事前学習として、英語で授業をする際に頻出する英単語と表現を学習する機会があります。
留学費用について
留学費用の振り込み方法は?
銀行振り込みと、クレジットカード決済が可能です。 クレジットカード決済は、Paypalを使用しますので手数料はお客様負担となります。
現地で必要になる費用は?
SSP(就学許可証): 7,000ペソ
教科書代: 約1,500ペソ(選択した授業によって変動) こちらは現地でお支払いただきます。 *1ペソ≒2.3円
フィリピンペソへの両替は?
空港にも市内にも多数両替所がございます。 空港よりも市内の両替所の方がレートが良く、語学学校から徒歩2分の場所に両替所がございます。
航空券は含まれていますか?
航空券はお客様自身でご用意いただきます。 スカイスキャナーのような、航空券比較サイトを用いて取得することがオススメです。
現地での生活について
現地での食事は?
平日の朝食と夕食は、寮で食事を用意いたします。学校や寮の周りには多数のレストランがあります。
週末は何ができますか?
セブ市内には、タクシーで15~30分の距離にたくさんのショッピングモールがあります。 またセブ島からフェリーで2時間のボホール島は人気の観光スポットです。 アヤラビーチやチョコレートヒルズを始め、様々な絶景が見ながらゆったりとした週末を過ごすことができます。
学校付近の治安はどうですか?
セブ島は東南アジアの中では、比較的治安がいい地域です。 しかし、多額の現金を持ち歩かない、なるべく深夜には出歩かない、 財布やパスポートは、スリにあいにくい場所に入れるなど、最低限の注意が必要です。
一回の食費はどれくらいですか?
現地人向けのローカルレストランでは、一食60〜100ペソ程度です。 市街地の観光客向けのレストランでも200〜400ペソ程度の値段です。*1ペソ≒2.3円
その他全般
保険は必要ですか?
留学費用に保険代は含まれておりません。 各自で保険に入られることをお勧めいたします。
現地での服装は?
年中、夏の服装です。室内はエアコンが強いことが多いため、羽織ものがあると便利です。
入国にビザは必要ですか?
1ヶ月までの滞在では入国ビザは必要ありません。 また入国の際の入国カードの渡航目的は観光にチェックを入れてください。
SSPとはなんですか?
SSP(Special Study Permit)とは、就学許可証のことです。 観光を目的として入国した外国人がフィリピン国内で勉強する為に必要なビザの一種です。 フィリピンでの短期間の留学においては必ずSSPが必要となります。