電話によるお問い合わせ
075 - 254 - 0031

いよいよ、2017年8月6日開催の第二回GTPまで1ヶ月を切りました。

第二回GTP参加者は西は福岡から、東は千葉まで。京都、大阪、東京などなど様々な地域から集まってきてくれています。

なんと、今回は現役の小学校の先生も2名参加してくださることが決まりました!!

 

ラスト1週間で参加者も3人増え、とっても盛り上がってきております!

そんな第二回GTPもついにあと3日、8月14日で申し込みを締め切ることになりました。

 

プログラム概要は、こちらからPDFで閲覧できます。

第二回GTP プログラム概要

 

ご興味がある方はぜひご連絡くださいませ。

 

この夏、セブで待ってくれている子ども達に!

最高の授業を届けましょう(^^)



少しイメージを持っていただけるように、

GTPの第一回のムービーを作成しました!!
ぜひご覧になってください(^^)

フィリピン留学・教育実習のための持ち物を重要度別にまとめました。

 
【必須の持ち物】
パスポート発行には1週間近く必要なので、前もって準備しましょう
往復航空券往復航空券か、フィリピンから第三国へ出国するチケットを持っていないと入国できません。
現金3万円近く現金があると便利です。(国際キャッシュカードがあればATMからも下ろせます)
【あると便利なもの】
<衣類>
普段着・下着毎日洗濯する人でも最低3日分は用意しましょう。
バスタオル・ハンドタオル
上着・パーカーフィリピンでは、クーラーが効きすぎているところが多いです。
水着離島には美しいビーチがたくさん
<お金・保険>
クレジットカード使えないところも多いですが、レストラン等では使えることが多いです。
国際キャッシュカードATMはたくさんあります。新生銀行のキャッシュカードがオススメです
海外旅行保険必ず入っておきましょう。
<日用品>
常備薬はもっておきましょう。
メガネ・コンタクト
洗面用具
<勉強道具>
文房具・ノートボールペンもお忘れなく。
辞書(電子辞書)スマホ版でも代用可能です。
【現地で購入できるもの】
ティッシュセブ島のトイレにはトイレットペーパーはほとんどありません。
マスク市街地はホコリや排気ガスが多いです。
【教育実習で必要なもの】
服装基本的には正装です。
ポロシャツ(襟付きシャツ)襟付きであれば、オッケー。派手な色・柄は避けましょう。
ズボン(ロング)チノパンでもオッケー。派手な色・柄は避けましょう。
サンダルはNG。スニーカーはOKですが、派手すぎる色・柄は避けましょう。
あると便利な道具(必須ではありません)
折り紙鶴を折れる練習をしておきましょう。
楽器小さな楽器があれば、日本の音楽を披露すると喜んでもらえます。
日本の遊び道具けん玉やコマなど。自分が披露できるものがベター
 

海外は楽しさの反面、トラブルはつきものです。事故や急病に、盗難。万が一の時のために保険に入っておくことは大切です。

クレジットカード付帯保険と、保険会社の海外保険、大きく分けて二つがあります。

 

 
クレジットカード付帯保険

クレジットカードは所有していると、海外に行った際に自動で保険がつくものがあります。

どれほど短期の留学でも、最低でもクレジット付帯の保険は有効にしておきたいものです。ここでは1つだけ注意点を押さえておきましょう!それは、カードによっては保険適用に条件があるということです!

 

例えば楽天カードの条件は、

「自宅から出発空港までの交通費を、日本を出国する以前に楽天カードで支払っていること」

*詳しくはこちら

 

航空券を楽天カードで購入すれば、保険が有効になるので比較的条件は簡単です!楽天カードは年会費も無料なのでオススメです。これらの条件はカードによって異なるので、しっかりと確認しておきましょう!

 
保険会社の海外保険

少し値段は張りますが、なんといっても手厚いサポートによる安心感は、保険会社の海外保険の強みです。

今回、特に短期(1ヶ月以下)の海外留学でオススメするのが、エイチエス損保の「スマートネッとU」です。

 

ネットでの簡単な申し込みが可能で、リーズナブルに保険をかけられます。(フィリピン2週間であれば3000円代〜)

またキャッシュレス対応もしているので、高額な医療費もお金を建て替える心配がありません。

(クレジット付帯保険はキャッシュレス対応が少ないです)

 

海外経験が少なくて、保険のことはよく分からないという人にはオススメの保険となっております。

 
まとめ

万が一の事態にそなえて保険は重要です。最低でもクレジット付帯の保険は有効に、可能ならば安いものでも保険会社の海外保険に加入しておきましょう!みなさんは学生時代どのように英語を学びましたか? フィリピン人は英語が日常に浸透しているので、勉強というより日常の中で使うものといった感覚の方が近いでしょうか。その証拠に彼らは小学校から歴史と国語以外は英語で教わります!EOP(Only English Policy)を徹底している学校も多く見られます。

家庭によって違いはありますが、家庭で母国語を使わずに英語を徹底することによって子どもの第一言語を英語にする家庭も少なくありません。子ども同士の遊びの中で英語以外を使うと1ペソ払うといったゲームも広まっており、英語に対する意識の高さが伺えます。

また、教師のレベルですが、母国語だけでなく英語を確実に使うことができることは当たり前に求められるほど質が高く、教員採用試験はフィリピンでは難関試験の一つに考えられています。 

留学の場所と時期は決定しましたか?

次のステップは航空券を取得することですね!留学先でのお小遣いに当てるために航空券は少しでも抑えたいところです。

そこで!!格安の航空券を探すお手伝いをしてくれるのがこの「スカイスキャナー」です!

 

使い方


 
①スカイスキャナーのサイトにアクセス

https://www.skyscanner.jp/   ←こちらのサイトから


②出発地、到着地、フライト日を入力



 
③お得な航空券が表示される



 

好きな順番に並び替えもできます。



 
④取得したい航空券をクリック



 
⑤決済手続きへ



 

これだけのステップで、世界中のあらゆる旅行会社から自動で最安値のチケットを探してきてくれます。セブ島に行く時も、ぜひ活用してみてください!!