大学生の参加者

日本に帰ってきて、改めてあの2週間の濃さを実感しています。
初めての海外。初めての教育実習。初めての英語生活。初めてばかりの日々が本当に素晴らしくて楽しくて嬉しくて時にはつらくてとりあえず子供たちがかわいすぎて。
teacher Sariって呼びながら走って抱きついてくる子供たちが可愛すぎて、涙が出そうになりました。
みんなありがとう。

(横浜国立大 3年生)

 

現役教員の参加者

夏休みの明けの初日、先生の夏休みとうテーマで私がこのプログラムを通して感じたフィリピンの今について日本の子どもたちに語ってみた。街の風景、ストリートチルドレン、日本との違いに驚きを隠せない子どもたち。私が話し終えてからいくつもの質問が飛び交った。そして!この1ヶ月で嬉しい変化があった。給食の残飯をゼロにしようと自ら呼びかける子、小さくなった消しゴムを最後まで使おうとしている子、英語に興味をもってあらゆる単語の英訳を聞いてくる子…(中略)
1人の大人として子どもたちに何かきっかけ作ってあげることなら私にだってできるのかもしれない。

(京都市 小学校教員)